研究コンセプト

concept

どうして視覚情報処理?

concept

 地球上の高等生物が外部の情報を取り入れる方法として「眼」すなわち視覚情報を使っています。「眼」を使うメリットとして,広い範囲を一度に/非接触で/高速にセンシング出来ることが挙げられます。

 この「眼」の機能をコンピュータで実現することが,画像処理・画像計測研究です。この研究が完成すれば,より人間のように自由に動くロボット,産業・社会・医療等様々な分野で役立つ計測制御技術が実現します。また,「眼」を使った人間と外部との情報のやりとり,すなわちヒューマンインターフェースの研究として,情報提示技術と高度教育システムの研究を行っています。

研究テーマ

本研究室では,(人の目のような)両眼を使って,対象の座標や形を高精度計測に計測する画像計測技術をコアとして,次のような研究テーマについて研究しています。 学術的基礎研究とともに,メーカー等との実用化研究も鋭意行っています。

concept

理論的研究

  • 超高精度画像計測に関する理論的研究

応用的研究

  • 形状計測(ターゲットの座標と形を計る)
  • 振動計測(ターゲットの振動を計る)

プロジェクト研究

  • 防災への応用

企業との共同研究

  • 高速で移動するターゲットの高精度3次元座標計測
  • 小型車両の誘導
  • その他
concept

結果を出す研究

基本的に,カメラ・コンピュータおよびネットワークを使って研究を行います。プログラム言語は主にMathematica,LabVIEW,C言語を使います。しかし,全く心配はありません。

これまでほとんどの学生がプログラム初心者でした。

研究室内で丁寧に説明します(これまで,早い人で数週間,遅い人でも約2ヶ月程度でプログラムを書けるようになっています)。

コンピュータ多数,高速度カメラ,全周囲カメラなどカメラ(非常に)多数,および,6軸ロボット,リニアスライダ・その他の実験装置も充実しています。

また,研究を基本として、コンピュータ(Windows),プレゼンテーション(研究発表),ディスカッション(議論),レポート作成のスキルについても修得できます。